日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ファンデルワールス半径

 

van der Waals radius

分子同士が近づくと初めは引力が,さらに接近すると反発力が働く.この反発力をファンデルワールス反発力とよぶ.原子や分子は反発力と引力の釣り合いにより一定の平衡距離を保って互いに離れているため、原子や分子にはファンデルワールス半径とよばれる一定の大きさを指定することができる.すなわち、原子や分子がお互いに入り込めない半径のことをファンデルワールス半径という。医薬品が、そのターゲットである受容体などと相互作用する際の重要な因子の一つである。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan