日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ヒストン

 

histone

ヒストンはH1、H2A、H2B、H3、H4の5主成分からなり、リシン及びアルギニンに富む塩基性タンパク質で、分子量は1万~2万である。生物種による差が少なく、進化的に安定なこともヒストンの特徴である。真核生物の核の中で、DNAはH2A、H2B、H3、H4各2分子から構成されるヒストン八量体に巻きつき、ヌクレオソームと呼ばれる構造を形成する。ヌクレオソームが数珠状につながり、これにヒストンHlなどが結合しクロマチン構造が形成される。ヒストンの化学修飾によるクロマチン構造の変換は、転写の活性化を引き起こす。このように、ヒストンは構造タンパク質として働く一方で、遺伝子発現調節などの重要な役割を演じるタンパク質でもある。(2014.7.更新) [FYI用語解説(ファルマシアVol.41,No.6)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan