日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

パップ剤

 

Cataplasms, Gel Patches

薬物をグリセリン、水などの液状物質とともに高分子で成型した外用剤。湿布に用いる。メントールやカンフルなど局所刺激作用を持つ精油成分を含み、水の冷却効果を期待する冷感タイプは、急性炎症期の疾患に広く使用される。一方トウガラシエキス、ノニル酸ワニリルアミドなどを含有する製剤は、皮膚の温感点を刺激することから、温感タイプと呼ばれ、慢性疾患あるいは腫脹緩解後の炎症性疾患に用いられる。(2006.10.17 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan