日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

バニロイド受容体

 

 バニロイド受容体は,6回膜貫通領域を有する非選択的カチオンチャネルとして知られている.感覚神経の1つである無髄C線維に発現し,カプサイシンのみならず,高体温,組織の低pH, ATPやPGE2,ブラジキニンなどの炎症関連因子,生体内リガンドであるアナンダミド(anandaminde)などによって活性化される.痛みの受容に重要な役割を持つことから,鎮痛薬開発における標的分子として注目を浴びている.バニロイド受容体はカプサイシンの反復刺激により応答しなくなる(脱感作)という特徴を有するが,その機序としてCa2+による調節やリン酸化・脱リン酸化の関与が示唆されている.(2011.05.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan