日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

バッカクアルカロイド

 

ergot alkaloid

小麦・ライ麦などに寄生する麦角菌(Claviceps purpureaなど)により産生されるアルカロイド類の総称をバッカクアルカロイドまたはエルゴットアルカロイドという。麦角菌に感染した穀物は穀粒の代わりに硬化部位(菌核)を形成し、これが麦角と呼ばれる。麦角アルカロイドにはリゼルグ酸、エルゴタミン、エルゴメトリン、エルゴクリスチンなどがある。構造的にはリゼルグ酸を共通骨格とし、エルゴタミン、エルゴメトリン、エルゴクリスチンはこれに3種以上のアミノ酸からなる環状ペプチド構造をもち、ペプチド麦角アルカロイドとも呼ばれる。アドレラリン、セロトニン、ドパミン受容体に作用するものが多い。エルゴタミンは血管収縮作用をもち片頭痛治療薬として使われた。心血管系に対する副作用がある。エルゴメトリンは子宮の平滑筋を収縮させ、陣痛促進や分娩後の子宮出血抑制に用いられた。麦角アルカロイドより合成されたリゼルギン酸ジエチルアミド(リセルグ酸ジエチルアミド;LSD25)は主として知覚、ことに視覚領域を主とする多彩な幻覚、陶酔感や高揚感、またそれとは逆に不安感と抑うつをきたす。乱用により脳障害を起こし、精神病症状や自殺傾向を生じる場合がある。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan