日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

バソプレシン

 

vasopressin

抗利尿ホルモン(ADH)であり、視床下部で合成され、下垂体後葉の神経終末に貯蔵されている。血漿浸透圧の上昇、血液量の減少で分泌が促進される。7回膜貫通型受容体(Gタンパク共役受容体)に属する、V1a、V1b、V2受容体の存在が知られている。V2受容体は腎集合管にあり、アデニル酸シクラーゼ-cAMP系を活性化し、水チャネルであるアクアポリン2を管腔側細胞膜へ移動させる。膜の水透過性が高まる結果、水の再吸収が促進され尿量が減少する。V1a受容体は心筋、血管平滑筋、大腸平滑筋などに分布血圧上昇作用、腸管蠕動運動促進作用をおこす。V1b受容体は下垂体前葉に有りCRHによるACTH分泌を増強する。ADHの合成・分泌障害により中枢性尿崩症が、作用減弱により腎性尿崩症が生ずる。(2006.2.8 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan