日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ノリッシュ反応

 

 ノリッシュ反応はカルボニル化合物(ケトン,アルデヒド)の光反応であり,I型反応とⅡ型反応が知られている.ノリッシュI型反応では,光照射により励起カルボニル基となり,α位の結合が均等開裂することでラジカル種(アシルラジカル,アルキルラジカル)を与える.発生したラジカル種は,脱カルボニル化,不均化,水素引き抜きなどにより種々の生成物となる.一方,ノリッシュⅡ型反応では,励起カルボニル酸素によってγ位の炭素に結合した水素原子が引き抜かれ,ビラジカル種を与える.生成したビラジカルは,分子内で結合してシクロブタノール誘導体となるか,α位とβ位の炭素―炭素結合を開裂し,ケトンとオレフィンに分解する.(2014.06.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan