日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ニトロベンゼン

 

nitrobenzene

ベンゼン環にニトロ基が結合した芳香族ニトロ化合物で分子量123、融点6度、沸点210度の淡黄色オイル。アルコールベンゼンエーテルなどの有機溶媒に溶けやすい。ベンゼンを硝酸と硫酸存在下で反応させると得られる。致死量はラットで640 mg/kg。他の芳香族ニトロ化合物としては2,4,6-トリニトロフェノール(ピクリン酸)や2,4,6-トリニトロトルエン(TNT)があり、いずれも爆発性がある。(2006.10.5 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan