日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ナフタレン

 

naphthalene、ナフタリン

ベンゼン環が2個縮合した化合物で分子量128、融点81度、沸点218度の無色固体。昇華性がある。置換基の位置を表す場合(炭素位置番号)は図のように1〜8と4a、8aを用いる場合と、αとβを用いる場合がある。2-ナフチルアミンとβ-ナフチルアミンは同一化合物である。この2-ナフチルアミンは体の中で酸化、抱合化を受けた後に求電子体を生成して遺伝子と結合し発がん性を示す。ベンゼン環が3個縮合した化合物にはアントラセンとフェナンスレンがある。(2006.10.5 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan