日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ナノカプセル

 

通常、粒子径が数μm程度の球状の製剤をマイクロスフェアといい、1μm以下のものはナノスフェアと呼ばれることがある。合成高分子や天然高分子に薬物を内包させ、局所での薬物の持続的放出や、組織標的化を狙ったものである。よく似たものにマイクロカプセルナノカプセル)があり、これらの名称は明確に区別せずに用いられているが、厳密に言うと、マイクロスフェアは多核マイクロカプセルといえる。(2007.3.23 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan