日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

トリテルペン

 

triterpene

トリテルペンはC15のファルネシル二リン酸(FPP)の2量化で生成するスクワレンを共通の前駆体として生合成されるC30のイソプレノイドである。スクアレンは酸素とNADPHにより2,3-オキシドスクアレンに酸化されこれが環化反応の前駆体となり、環化の仕方によりステロイドトリテルペンに別れる。トリテルペンは様々な生理活性作用が見出されているが、中でも糖が結合したサポニンであるオタネニンジン中のジンセノシド類、甘草中のグリチルリチン、柴胡中のサイコサポニン類などはきわめて重要な薬理作用を持ち有名である。  (2006.10.17 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan