日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

トランスポゾン/レトロポゾン

 

 転移因子(トランスポゾン)はそれ自身のコピーを宿主ゲノムの他の領域に挿入する転移能を有するDNA因子である.転移因子はレトロトランスポゾン/レトロポゾンDNAトランスポゾンに大きく分類され,前者はRNA中間体を逆転写酵素によりDNAに変換し,それがゲノムに挿入されるcopy-and-paste機構で転移する.後者はそれ自身がゲノムDNAから切り出され,それがゲノムの新しい部位に挿入されるcut-and-paste機構で転移する.ヒトゲノムに存在する転移因子の総数は300万コピー以上であるが,その大半がレトロトランスポゾン/レトロポゾンである.(2015.01.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan