日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

タンパク質の高次構造

 

higher structure of protein

以下に説明するタンパク質の2次、3次、4次構造を総称して高次構造という。直鎖上に並んだアミノ酸の配列(1次構造)は、タンパク質分子全体の構造にさまざまな影響をもたらす。水素結合、ジスルフィド結合、イオン結合疎水性相互作用などによって、タンパク質分子は渦巻状にまいたり(αヘリックス)、おりたたまれ(βシート)たりして、いわゆる2次構造をつくる。ひとつのタンパク質はαヘリックスβシートなどで分子全体がまとまりをもった状態、すなわち安定なコンフォメーションを形成する。これを3次構造という。さらに複数のポリペプチド鎖が集まって全体として機能を発揮する場合があり、このような複数のタンパク質で構成される構造を4次構造という。このとき、個々のポリペプチド鎖をサブユニットという。(2006.1.20 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan