日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

セカンドメッセンジャー

 

二次メッセンジャー second messenger

受容体にリガンド(アゴニスト)が結合した際、リガンドの結合を感知し細胞情報伝達系を活性化するきっかけとなる低分子代謝産物あるいはイオン。代表的なセカンドメッセンジャーにサイクリックAMP(cAMP)、サイクリックGMP(cGMP)、イノシトールリン酸,ジアシルグリセロール、カルシウムイオンなどがある。 G-タンパク質共役型受容体(GPCR)では、レセプターと結合するGタンパク質の違いにより、異なるセカンドメッセンジャーが産生される。例えばGsタンパク質と共役する受容体アドレナリンβ受容体グルカゴン受容体など)ではアデニル酸シクラーゼが活性化されcAMPが生成される。Gq/11と共役する受容体(アドレナリンα1受容体ヒスタミンH1受容体、セロトニン5HT2受容体など)ではホスホリパーゼCが活性化され、I(1,4,5)P3とジアシルグリセロールが産生される。これらはさらに細胞内のプロテインキナーゼCを活性化し、カスケード的な反応を起こし、最終的な細胞応答に導く。(2007.3.9 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan