日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ステロイド

 

steroid

ステロイドは、ステロイド骨格と呼ばれる構造をもった化合物の総称で、生体内ステロイドには種々のステロイドホルモンや、胆汁酸、細胞膜の構成に重要な脂質であるコレステロールなどがある。ステロイドホルモンは、その機能から、性ホルモン糖質コルチコイドグルココルチコイド)、鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイド)などに分類されるが、糖質コルチコイドであっても鉱質コルチコイドのような塩類代謝作用を弱いながらも持ち、機能による分類は一応の目安である。病気の治療に用いられる「ステロイド」は、ステロイドホルモンを配合した薬品(ステロイド剤)のことであり、多くの場合は糖質コルチコイドである。スポーツなどでドーピング問題として取り上げられることがある「ステロイド」は、合成されたタンパク同化ホルモンのことが多い。強心ステロイド強心配糖体)であるジギトキシンはジギタリス、ジゴキシンはケジギタリスの葉からとれる成分で、顕著な心収縮力増加作用を示し、心不全の治療薬となっている。(2006.10.4 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan