日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

シキミ酸経路

 

shikimic acid pathway

解糖経路から生成するホスホエノールピルビン酸とペントースリン酸経路から生成するエリスロース4-リン酸を出発物質とし、シキミ酸を中間体として経由する経路である。シキミ酸にもう1分子のピルビン酸が導入された後、分子内クライゼン転移反応によりプリフェン酸が生成する。続いて脱炭酸及びアミノ基転移反応を受け、芳香族アミノ酸であるフェニルアラニンやチロシンが生成し、各種フェニルプロパノイドに変換される(図1,2)。

   (2006.10.17 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan