日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

グリーンケミストリー

 

 グリーンケミストリーとは,有害な物質の生成や使用を削減もしくは除去するような化学物質や製造プロセスの創出,設計,応用である,と定義されている.サスティナブルケミストリーとも呼ばれ,環境調和型,環境負荷を軽減した,環境に優しい化学のことをいう.Paul T. AnastasとJohn C. Warnerによりグリーンケミストリーの12箇条が提唱され,「廃棄物は出してから処理ではなく,出さない.原料をなるべく無駄にしない形の合成をする.人体と環境に害の少ない反応物・生成物にする.機能が同じなら,毒性のなるべく小さい物質をつくる.」など,害を出さないことを第一とする化学の方向性12箇条が示されている.(2015.04.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan