日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

クロフィブラート

 

clofibrate、クロフィブレート

フィブラート系抗高脂血症薬であり、主に高トリグリセライド血症の治療に使用されコレステロールよりもトリアシルグリセロールの低下作用を示す.HDL-コレステロールは増加する.肝におけるコレステロールやトリアシルグリセロールの合成抑制,胆汁中へのコレステロール排泄促進,血漿リポタンパク質リパーゼや肝性リパーゼの活性化によるリポタンパク質の異化促進,などが作用機序と考えられる.重大な副作用として横紋筋融解症がある.クロフィブレートはペルオキシソーム増殖剤活性化レセプターα(PPARα)のリガンドとして作用し,一連の脂質代謝関連遺伝子の発現を調節している.齧歯類においては肝肥大,ペルオキシソーム数とそのサイズの増大,発がん作用などを示すが,ヒトではこのような作用は認められない. (2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan