日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

クリニカルパス

 

Clinical pathway, Critical path

クリティカルパスともいう.1985年にアメリカのKaren Zanderが初めて医療の分野に導入した概念で,一定の疾患や疾病を持つ患者に対して,入院指導,患者へのオリエンテーション,ケア処置,検査項目,退院指導などをスケジュール表のようにまとめたもの.時間軸を横軸,ケアなどの内容を縦軸にとり,主な医療行為と医療分野全体をチャートにまとめたもの.最初は看護業務を中心に普及したが,最近では医療分野全体として「ケアの質と効率性」という二律相反するものが求められ,医療経営のためのツールとしても注目されている.それぞれの専門職が協働し,最短の時間で最少の資源(ヒトとモノ)を使って最良の治療効果をあげるために医療の標準化をめざしたものである.患者にとっては,入院中のスケジュールだ示されるために安心感も高まり,インフォームドコンセントが充実する.経済面が強調されるきらいがあるが,チーム医療における業務の効率化や整理が図られ,医療効率や質の確保のために積極的に取り入れられつつある.(2008.12.15 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan