日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

キラル

 

chirality、不斉

4つの異なった置換基と結合している炭素のように、自らの鏡像と重ね合わすことのできない分子をキラル(ギリシャ語:cheir,手)であるという.キラリティーはさまざまな三次元物体に見られる.右手と左手,一方の靴と他方の靴,右巻きと左巻きのねじなどは、同じコンポーネントを持っているにもかかわらず重ね合わせることができず、いずれもキラルである.

キラルの逆は,ある物質とその鏡像が重なり合うことである.物体が鏡像と正確に重なり合うとき,物体とその鏡像は同一である.そのような場合,物体はアキラルであるという. 対称面をもつ物体はアキラルである. (2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan