日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

カテコールアミン

 

catecholeamine

分子構造のなかにカテコール環(1,2-ジヒドロキシベンゼン)とエチルアミン構造をもった化合物を総称してカテコールアミンという。生体内で機能するカテコールアミンとしてはアドレナリン、ノルアドレナリン、ドパミンなどがある。これらは神経伝達物質として、また副腎皮質ホルモンとして重要な役割を果たしているため、カテコールアミン骨格をファーマコフォアとする医薬品が多数存在する。(2006.1.20 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan