日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

オレキシン

 

orexin

 オレキシンは,1998年に発見された神経ペプチド.視床下部外側野に存在する神経細胞が,オレキシンを産生している.ヒポクレチン(hypocretin)と呼ばれることがある.オレキシン神経は,脳幹のモノアミン神経系に働いて覚醒を維持するとともに,視床下部の弓状核に働いて食欲亢進の系を刺激している.覚醒は行動を支える基盤であり,オレキシン神経は,情動,エネルギーバランスなどに応じて適切な覚醒状態を維持し,一定の睡眠・覚醒機構を維持する機構を持っていると考えられている.オレキシンが欠損すると,長時間の覚醒を適切に維持できなくなる.(2010.11.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan