日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ウイルス性肝炎

 

viral hepatitis

ウイルスの感染によって起る肝炎の総称。肝炎とは肝臓に起こる炎症で、ウイルス以外にもアルコール、薬物、自己免疫や胆道疾患が原因となる。原因となるウイルスには、A,B,C,D,E,F,GおよびTT型ウイルスの8種類があり、B,FおよびTT型はDNAを,そのほかはRNAゲノムとするなど、それぞれのウイルスの性質や病原性、および感染による症状には多様性がある。A型肝炎ウイルスは水・食物を介して口から入り、腸管内で増殖し、門脈を通って肝臓のなかに侵入する。発熱・全身倦怠感・食欲不振・悪心など、かぜに似た症状から、39度台の高熱を発し、数日後には黄疸が出現するが、8週以内には完治するといわれ、自然治癒率は高い。B型肝炎は 輸血、あるいは注射、傷口から、主として血液を介して、ウイルス(HBV)が体内に侵入し、感染をひきおこす。最近は献血で、HBs抗原のスクリーニングがされるようになったので、輸血後のB型肝炎は少なくなった。C型肝炎は血液を介したウイルスの感染により発症する。特に血液製剤により感染した薬害C型肝炎が社会的に大きな問題となっている。A・B型の肝炎に比べ、発熱、全身倦怠感などの症状が軽いが、50~80%が慢性化して肝硬変、肝がんに進展することが多い。慢性化した肝炎の治療には抗ウィルス薬であるラミブジン,アデフォビル,エンテカビルがB型肝炎に,インターフェロン類がC型肝炎に用いられる。(2005.10.25 掲載)(2009.11.13 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan