日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

インスリノーマ

 

lnsulinoma

インスリノーマは膵島β細胞由来の腫瘍で,腫瘍から自律的過剰に分泌されたインスリンによる低血糖症状が起こり,痙攣や昏睡などの中枢神経症状が生じる.また,血糖低下によりカテコールアミンが放出されるので発汗,皮膚蒼白,動悸などの自律神経症状がみられる.症状は一般に空腹時にみられるので,これを防ぐために過食となり肥満となる場合がある.治療は腫瘍の外科的切除が原則であるが,完全に切除できない場合,インスリン分泌抑制のため抗ホルモン薬diazoxideやソマトスタチン誘導体酢酸オクトレオチドの薬物治療が行われる.悪性腫瘍の場合は,Streptozotocinやフルオロウラシル(5-FU)が用いられる. [FYI用語解説(ファルマシアVol.37,No.9)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan