日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アンチトロンビン

 

アンチトロンビンIII、ATIII、antithrombin III

アンチトロンビンアンチトロンビンIII、分子量65,000)は肝臓で産生され、血液中で凝固阻害因子として、凝固反応を制御する生理的セリンプロテアーゼインヒビターである。トロンビン(活性化された第II因子)、活性化された第X因子(第Xa因子)、第IX因子(第IXa因子)、カリクレインなどの凝固系因子ならびに線溶系のプラスミンと結合し、不活性化する。凝固系が活性化され生成するトロンビンは、直ちにアンチトロンビンIIIと複合体を形成し不活化される。また、アンチトロンビンヘパリンが結合することにより抗トロンビン活性を増強する。アンチトロンビンの分子上、ヘパリン結合ドメインはN端に、トロンビンとの反応部位はC端にある。肝硬変や播種性血管内凝固症候群DIC)では、血中のアンチトロンビン値が減少する。アンチトロンビンの欠損ないし分子異常は、静脈血栓症の発症要因となる。(2007.6.27 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan