日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アフェレーシス

 

 生体内の様々な血液関連因子を分離する広範な医療技術の呼称で,体外循環によって血液中から血漿成分や細胞成分を分離する,あるいは分離した血漿成分から病気の原因となる液性因子を分離すること.再生医療においては,必要な細胞成分や液性因子を分離し治療に用いるが,この分離採取の手法を指す.本稿の樹状細胞療法においては,体外循環の成分採血により樹状細胞の作製に必要な血球成分を採取する手法のことを示す.(2017.10.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan