日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アニリン

 

aniline

ベンゼン環にアミノ基が結合した芳香族アミンで分子量93、沸点185度の無色オイル。ただし空気中に放置すると一部自動酸化を受け、淡赤褐色になる。塩基性を示すので酸性水溶液に溶けやすい。ニトロベンゼンをスズと塩酸などで還元すると得られる。アニリンを無水酢酸(あるいはアセチルクロリド)と反応させるとアセトアニリドが生成する。(2006.10.5 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan