日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

いたみ

 

pain

 組織の実質的あるいは潜在的な傷害に結びつくか、そのような傷害を表す言葉を使って表現される不快な感覚、情動体験(1994 世界疼痛学会)。急性疼痛(生理学的痛み)は組織損傷があるときに訴えられ、生体における警告反応と解釈されている。一方,組織損傷が治癒した後にもおこる痛みや,明らかな組織損傷がみあたらないのに訴えられる痛みがある(慢性疼痛)。おおかたの慢性疼痛は急性疼痛のコントロール不良に引き続いて生じ、疾患が通常治癒するのに必要な期間を越えても続く痛みである。発生の原因別には、侵害受容性疼痛(nociceptive pain)、神経因性疼痛(neuropathic pain)、心因性疼痛(psychogenicpain)に分類される。

 疼痛の治療に用いられる鎮痛薬は、意識障害を起こさず他の触覚などの諸感覚に影響を与えない用量で選択的に痛みを除去する薬である。中枢に作用し強力な鎮痛作用をもつ麻薬性鎮痛薬(narcotic analgesics、モルヒネ、コデイン、フェンタニル、ペチジン)と末梢作用性で緩和な鎮痛作用をもつ解熱性鎮痛薬(antipyretic analgesics、NSAIDs)および鎮痛補助薬(抗うつ薬、抗痙攣薬、局所麻酔薬、NMDA拮抗薬)がある。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan