日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ω-3脂肪酸

 

 α-リノレン酸やエイコサペンタエン酸(EPA),ドコサヘキサエン酸(DHA)に代表されるω6位とω3位に2重結合を有する不飽和脂肪酸で,ヒトでは生合成によっては産生されないため,食餌によって補充する必要がある必須脂肪酸である.ヒトを含む動物は,ステアリン酸からオレイン酸を生成するΔ9-脂肪酸デサチュラーゼを有してはいるものの,ω6位に二重結合を作るΔ12-脂肪酸デサチュラーゼも,ω3位に二重結合を作るΔ15-脂肪酸デサチュラーゼもどちらも有していないので,リノール酸もα-リノレン酸もどちらも自ら合成することができない.ω-3脂肪酸による抗炎症作用や,学習能,視力への関与が報告されている.(2014.09.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan