日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

αヘリックス

 

a-helix、αヘリックス構造

タンパク質はアミノ酸ペプチド結合(-NH-X-CO-NH-X-CO-NH-、ペプチド鎖)で連なった構造である。このペプチド鎖中のH(水素)とO(酸素)は水素結合で引き合う性質があり、これがタンパク質の形を決める大きな要因である。あるアミノ酸のC=O基のOと、その4残基先のアミノ酸のN-H基のHが順次水素結合すると、ペプチド鎖はらせん構造をとる。これがαへリックスである。安定なαヘリックスはタンパク質」中に最もよく見られる構造のひとつで、一般のタンパク質では全アミノ酸の約1/4がαヘリックス構造になっている。ヘリックスの巻き方については大多数のものが3.6残基で右回りに1周し、アミノ酸の側鎖置換基はαへリックスの外側に突き出ている。(2006.1.20 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan