公益社団法人日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan 日本語 English
サイト内検索 byGoogle
ホーム >> くすりの科学
くすりの科学



薬学のワイドな教育と研究
薬学では、化学系、生物系、物理系、医療系など幅広い専門知識
と医療人としての心を学びます。この知識を基に、最先端のバイオテクノロジーを
利用した創薬研究や遺伝子治療研究、さらには最も作用が強く副作用の少ない薬をコンピュータ
によりデザインする創薬研究が、飛躍的に進んできています。また、薬剤師は直接患者さんと接し
ながら、薬の責任者として、街の科学者として、薬物療法を向上させたり、ファーマ
シューティカル・ケアの向上に貢献すべく日々努力を重ねています。

◆薬をつくる
人々の健康に貢献する薬をつくり出す。医薬品産業は将来性のある知識集約型の産業です。
薬学出身者にとって薬を作り出すことはロマンいっぱいの仕事です。研究・開発、製造、薬の情報を医療機関に提供する学術など活躍分野も幅広く、薬学の知識が大いに活用できます。
◆薬を管理する
最近では薬の調剤だけでなく、個々の患者に最適な薬を提供するため患者とのコミュニケーションをはかる業務が大きくなっています。薬の責任者として情報の収集・提供、患者への服薬説明などの業務も担当し、医療現場での役割が増してきています。
◆国民の福祉に貢献
薬学の幅広い知識は製薬企業だけでなく、現在では多くの産業分野で求められています。例えば化学産業、食品産業、化粧品産業や商社などでも必要とされ、今後ともさらに多方面から求められることが予想されています。
◆専門知識の幅広い活用
薬学の知識・経験を生かして異なった分野で活躍している人たちもいます。例えばジャーナリストや政治家、高校や予備校の教師など専門知識をフルに生かして自身の職業の専門性を高めている人も数多いのです。
◆教育・研究
薬学の研究に携わったり、薬学の教育を行うため、大学や研究機関の教員、研究員として活躍しています。通常は学部卒業後に大学院に進学し、この進路を選択します。薬学は広い分野をカバーする学問であるため研究対象も多彩です。

新しい薬づくりにはあなたの学んでいる化学が重要です 化学反応の組み合わせで新しい薬が作り出されています
あなたの学んだ生物で薬の効き方を調べてみましょう 薬学はライフサイエンスのパイオニアです
健康科学・衛生化学も薬学です 薬のデザインにはあなたの学んでいる物理が役立ちます
薬剤師の新しい活躍の場  



公益社団法人日本薬学会 (The Pharmaceutical Society of Japan)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-12-15 お問合せ・ご意見はこちらをクリック