公益社団法人日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan 日本語 English
サイト内検索 byGoogle
平成24年4月12日
関係機関の賞・助成への日本薬学会からの推薦について
ホーム >> >> 関係機関の賞・助成への日本薬学会からの推薦について


 日本薬学会では、例年のとおり、推薦機関として指定されている賞・助成に関し、所定の選考手続きを経て、候補者を推薦いたします。応募者は本会会員であることが必要です。会員からの積極的な応募をお待ちしております(各賞・助成の対象等の詳細については、主催団体のホームページにてご確認下さい。

応募書類の送付先: 公益社団法人日本薬学会 学術課 学術事業担当
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-15 Tel03-3406-3324
E-mail:gakuji@pharm.or.jp
* E-mailでの受領通知をご希望でない方は返信用封筒(宛名明記、80円切手貼付)を同封してください。

■ 本会が推薦する賞・助成
※ 応募・推薦・受賞件数の推移(平成18〜23年度)についてはこちらをご覧ください。

(1)佐藤記念国内賞(佐藤記念基金)
The Sato Memorial Award
(7) 島津賞(島津科学技術振興財団)
(2) 育志賞(日本学術振興会) (8) 木原記念財団学術賞(木原記念横浜生命科学振興財団)
(3) 持田記念学術賞(持田記念医学薬学振興財団)
Academic Award of the Mochida Memorial Foundation
(9)内藤記念科学振興賞(内藤記念科学振興財団)
The Naito Foundation Merit Award for Advancement of Science
(4)三島海雲学術賞(公益財団法人三島海雲記念財団) (10)東レ科学技術賞・科学技術研究助成(東レ科学振興会)
Toray Science and Technology Prize, Toray Science and Technology Grant
(5)上原賞(上原記念生命科学財団)
Uehara Prize
(11)江崎玲於奈賞(茨城県科学技術振興財団
(6)井上学術賞(井上科学振興財団)
Inoue Prize for Science
(12)山田科学振興財団・研究援助(山田科学振興財団)

歴代受賞者
TOPへ戻る



■ 応募要領

(1) 佐藤記念国内賞 The Sato Memorial Award 本年度は募集いたしません.
 佐藤基金は、昭和52年、日本と米国の薬学者の交流を促進し、もって薬学の振興をはかる目的で佐藤記念賞を設け、国内賞ならびに国際賞を隔年に贈呈。

TOPへ戻る


(2) 育志賞(日本学術振興会)
本会への応募締切: 平成24年5月25日(金)必着
対象: 平成24年4月1日現在34歳未満であり、次の@又はAに該当する者であって、平成24年5月1日において我が国の大学院博士後期課程(医学、歯学又は獣医学を履修する4年制の博士課程を含む)に在学している下記のいずれかの条件を満たす者。
  1. 大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び研究活動に取り組んでいる大学院生であって、当該大学長から推薦された者
  2. に相当する大学院生であるとして所属する学会長から推薦された者 また、海外からの留学生で大学院博士後期課程に在学する者についても、推薦することができます。
正賞・副賞および件数:賞状、賞牌および副賞として学業奨励金110万円/16名程度

応募方法(書留郵便):
・「育志賞推薦書」*(様式2。「推薦者」欄は記載しないでください)1部とそのコピー6部(6部のうち4部は本会審査用)。
・「推薦理由書A」(様式3−@)1部とそのコピー6部(6部のうち4部は本会審査用)。
・「推薦理由書B」(様式3−A)1部とそのコピー6部(6部のうち4部は本会審査用)。
・「研究の概要等」(様式4)1部とそのコピー6部(6部のうち4部は本会審査用)。
 *本書については、記載済み電子ファイル(word)を電子メール添付にてgakuji@pharm.or.jpまでお送りください(CD-ROMに保存したものを書類と同梱で送られても結構です)。

本会からの推薦件数および推薦締切: 1名以内/平成24年6月15日(金)
育志賞(日本学術振興会)HP:http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/index.html

TOPへ戻る


(3) 持田記念学術賞 Academic Award of the Mochida Memorial Foundation
本会への応募締切: 平成24年6月20日(水)必着
対象:(1) バイオ技術を基盤とする先端医療に関する研究
    (2) バイオ技術を基盤とするゲノム機能/病態解析に関する研究
    (3) 免疫/アレルギー/炎症の治療ならびに制御に関する研究
    (4) 循環器/血液疾患の病態解析/治療制御に関する研究
    (5) 創薬・創剤の基盤に関する研究
    (6) 創薬の臨床応用に関する研究
上記6項目の研究分野で、研究の進歩発展のため顕著な功績のあった研究者.
正賞・副賞および件数: 1件 1000万円/2件以内
応募方法(書留郵便): 所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審査用).
本会からの推薦件数および推薦締切:1件/平成24年7月31日(火)
公益財団法人持田記念医学薬学振興財団HP: http://www.mochida.co.jp/zaidan/index.html

TOPへ戻る


(4) 三島海雲学術賞(公益財団法人三島海雲記念財団)
本会への応募締切: 平成24年10月4日(木)必着 ⇒7月20日より延長となりました
対象:1)自然科学部門【食の科学に関する研究】
    2)人文科学部門【アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究】
上記の対象分野で、国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により独創的で発展性のある顕著な業績を挙げている者のうち下記の条件を満たす若手研究者。
  1. 45歳以下の者(2013年4月1日現在)
  2. 日本在住の研究者(国籍は問いません)及び海外在住の日本人研究者(日本国籍を有するもの)
副賞および件数:1件当たり200万円、総額600万円/自然科学部門(2件以内)、人文科学部門(1件以内)、計3件以内。選考の結果、該当なしの場合もあります。
応募方法(書留郵便):所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審査用)
本会からの推薦件数および推薦締切: 1名以内/平成24年10月31日(水) ⇒8月31日より延長となりました
三島海雲学術賞(公益財団法人三島海雲記念財団)HP:http://www.mishima-kaiun.or.jp/
推薦書はこちらから推薦書 PDF

TOPへ戻る


(5) 上原賞 Uehara Prize
本会への応募締切: 平成24年7月20日(金)必着
対象: 生命科学,特に健康の増進,疾病の予防および治療に関する次の分野において,独創的な内容の研究に従事し,本分野の研究の進展に顕著な功績をあげ,活躍中の研究者(共同研究の場合は主たる研究者を対象とするが、異なる研究グループによる共同研究の場合には、連名であってもよい)。
  (1) 東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
  (2) 基礎医学(上記以外)
  (3) 臨床医学(上記以外)
正賞・副賞および件数: 正賞(金牌)、副賞2,000万円/2件以内
応募方法(書留郵便): ・所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審査用)。
  ※推薦書の電子ファイルをご用意しておりますので、gakuji@pharm.or.jp宛にご請求ください。
本会からの推薦件数および推薦締切: 1件/平成24年9月7日(金)
上原記念生命科学財団HP: http://www.ueharazaidan.or.jp/

TOPへ戻る


(6) 井上学術賞 Inoue Prize for Science
本会への応募締切: 平成24年8月20日(月)必着
対象: 自然科学の基礎的研究で特に顕著な業績を挙げた50歳未満(平成24年9月20日現在)の研究者.
正賞・副賞および件数: 賞状,金メダル,副賞200万円/5件以内
応募方法(書留郵便):
・所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審査用).
・業績の主体となる文献の別刷各2部.
本会からの推薦件数および推薦締切: 2件以内/平成24年9月20日(木)
財団法人井上科学振興財団HP: http://www.inoue-zaidan.or.jp/

TOPへ戻る


(7) 島津賞
本会への応募締切: 平成24年8月20日(月)必着
対象: 科学技術,主として科学計測およびその周辺の領域における基礎的な研究において,近年著しい成果をあげた功労者。
正賞・副賞および件数:賞状,賞牌,副賞300万円/1件
応募方法(書留郵便):
・所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審査用)。
・業績に関連する別刷等(コピー可)10部。
・写真(カラー・上半身・無背景)1葉(E-mail添付も可*)。
*E-mail宛先:gakuji@pharm.or.jp
本会からの推薦件数および推薦締切日:全件/平成24年9月30日(日)
財団法人島津科学技術振興財団HP:http://www.shimadzu.co.jp/ssf/

TOPへ戻る


(8) 木原記念財団学術賞
本会への応募締切: 平成24年8月20日(月)必着
対象:
生命科学の分野で優れた独創的研究を行っている国内の研究者.
50歳以下(平成24年9月30日現在)の方.
(選考過程の中で、基礎研究レベルが高く、研究業績が社会的貢献に繋がることが明確である研究課題と判断されたときは、別途、木原記念応用科学賞として選考される場合があります。 )
賞・賞金および件数:
賞状,副賞200万円/原則として1件
(応用科学賞:賞状,副賞100万円/原則として1件)
応募方法(書留郵便):
・所定の推薦書1部とそのコピー12部(12部のうち4部は本会審査用).
・・研究に係る代表的論文3編の別刷各9部.
本会からの推薦件数および推薦締切日: 1件/平成24年9月30日(日)
財団法人木原記念横浜生命科学振興財団HP:http://www.kihara.or.jp/

TOPへ戻る


(9) 内藤記念科学振興賞 The Naito Foundation Merit Award for Advancement of Science
本会への応募締切: 平成24年8月20日(月)必着
対象:
1)人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究において,独創的テーマに取り組み、進歩発展に顕著な功績をあげた研究者.
2)候補者は単独とするが、異なる研究グループによる共同研究の場合には、連名であってもよい.
3)候補者の再度の推薦は差支えない.
正賞・副賞および件数:正賞金メダル,副賞1,000万円/1件
応募方法(書留郵便):
・下記HP「助成金事業」に記載の手順に従うこと.
・同手順により作成した書類一式およびそのコピー4部(コピーは本会審査用)を送付.
本会からの推薦件数および推薦締切日: 1件/平成24年10月1日(月)
公益財団法人内藤記念科学振興財団HP:http://www.naito-f.or.jp/

TOPへ戻る


(10) 東レ科学技術賞・科学技術研究助成 Toray Science and Technology Prize / Toray Science and Technology Grant
本会への応募締切: 平成24年8月20日(月)必着
対象:
《科学技術賞》 本学会に関する分野で,下記のいずれかに該当するもの.
・学術上の業績が顕著な方.
・学術上重要な発見をした方.
・効果が大きい重要な発明をした方.
・技術上重要な問題を解決して,技術の進歩に大きく貢献した方.
《科学技術研究助成》 本学会に関する分野で国内の研究機関において、自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており,かつ今後の研究の成果が科学技術の進歩,発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者(原則として推薦時45歳以下).本助成が重要な研究費と位置づけられ,これにより申請研究が格段に進展すると期待されること.
正賞・副賞および件数 《科学技術賞》:賞状,金メダル,副賞1件500万円/2件前後
助成金額および件数 《科学技術研究助成》: 総額1億3,000万円(1件最高3,000万円程度まで)/10件程度
応募方法(書留郵便):
  《科学技術賞》
   ・所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審用).
   ・業績の主体となる文献の別刷各2部.
  《科学技術研究助成》
   ・所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審用).
   ・関連する代表的論文の別刷各2部.
本会からの推薦件数および推薦締切日: 2件以内/平成24年10月10日(水)
公益財団法人東レ科学振興会HP:http://www.toray.co.jp/tsf/index.html

TOPへ戻る


(11) 江崎玲於奈賞
本会への応募締切: 平成25年 2月 7日(木)必着
対象: 日本国内の研究機関においてナノサイエンスあるいはナノテクノロジーに関する研究に携わり、世界的に評価を受ける顕著な研究業績を挙げた研究者。
・受賞者決定の時点で現存者であること。
・平成23年12月1日時点において、日本国内の研究機関において研究を行っている研究者であること。
・共同研究の場合はその研究に対する貢献度合が3分の1以上の者であること。
・過去に以下の賞を受賞した者でないこと。
 ノーベル賞(ノーベル財団)・京都賞(稲盛財団)・日本国際賞(国際科学技術財団)・
 つくば賞(茨城県科学技術振興財団)
正賞・副賞および件数: 本賞(賞状)、副賞(1,000万円)、記念品(賞牌)/原則1件
応募方法(書留郵便):
・推薦書・添付資料1部とそのコピー44部(44部のうち4部は本会審査用)。
・CD-R等のメディアに記録した推薦書・添付資料の電子データ1部
・44部の推薦書・添付資料については、ファイル綴じのため2つ穴を開けてください。
・推薦書・添付資料については、それぞれ40部とせず、推薦書・添付資料1,2・・・の一式を44部としてください。
本会からの推薦件数および推薦締切: 2件以内/平成25年3月6日(水)
財団法人茨城県科学技術振興財団HP:http://www.i-step.org/prize/esaki/index.htm

TOPへ戻る




(12) 山田科学振興財団・研究援助
本会への応募締切: 平成25年1月25日(金)必着
対象:  自然科学の基礎的研究。萌芽的・独創的研究・学際性・国際性の観点からみて優れた研究を重視し、新たに独立して独自の研究計画を立ち上げようとしている研究者。
助成金額および件数: 総額3,000万円(1件100〜500万円)/15件程度
応募方法(書留郵便):
 ・所定の推薦書1部とそのコピー5部(5部のうち4部は本会審査用)。
 ・関連主要研究論文リスト(A4版大。詳細は下記HPを参照)2部。
 ・上記リスト記載の論文のうちから1〜3種の論文の別刷または写し2部。
 ・上記の提出書類をWord形式で保存した電子媒体1部(CD-RW、USBメモリに限る)
本会からの推薦件数および推薦締切: 3件以内/平成25年2月28日(木)
公益財団法人山田科学振興財団HP:http://www.yamadazaidan.jp/

TOPへ戻る



公益社団法人日本薬学会 (The Pharmaceutical Society of Japan)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-12-15 お問合せ・ご意見はこちらをクリック