日本語 English
サイト内検索 byGoogle
ホーム >> >> 学会賞 推薦要領
学会賞 推薦要領

平成24年5月1日
平成25年度日本薬学会学会賞受賞候補者の推薦について
 日本薬学会では、例年のとおり、以下の要領にて、学会賞の推薦を募集いたします。推薦者および受賞候補者とも本会会員に限ります。なお、薬学会賞、学術貢献賞、学術振興賞および奨励賞の各受賞者は、本会発行の学術誌に受賞記念総説を執筆していただくこととなります。
賞の種類(詳細は各賞の記載をご覧下さい)
(1) 薬学会賞 The Pharmaceutical Society of Japan Award
(2) 学術貢献賞〔部門賞〕 The Pharmaceutical Society of Japan Award for Divisional Scientific Contributions
(3) 学術振興賞〔部門賞〕 The Pharmaceutical Society of Japan Award for Divisional Scientific Promotions
(4) 奨励賞 The Pharmaceutical Society of Japan Award for Young Scientists
(5) 創薬科学賞 The Pharmaceutical Society of Japan Award for Drug Research and Development
(6) 教育賞 The Pharmaceutical Society of Japan Award for Educational Services
(7) 功労賞(一般募集は行いません) The Pharmaceutical Society of Japan Award for Distinguished Services
推薦締切日 平成24年8月24日(金)必着
選考委員会
(1)〜(4)   学会賞第2次選考委員会   平成24年11月7日(水)、8日(木)
(5) 創薬科学賞選考委員会 平成24年10月24日(水)
(6) 教育賞選考委員会 平成24年10月23日(火)
受賞者の決定
平成24年11月15日(木)理事会
授賞式 平成25年3月27日(水)
正賞・副賞
表彰楯、副賞
推薦書の提出(書留郵便)
書式は必ず本年度のものを用いてください(過年度の書式を用いた応募は無効です。なお、「記載要領」を確認のうえ作成し、推薦書、推薦理由書および推薦研究業績一覧は、必ず片面印刷としてください)。
(1)〜(4) 薬学会賞・学術貢献賞・学術振興賞・奨励賞
・本会所定の推薦書、推薦理由書(4,000字以内)および推薦研究業績一覧各1部とそれらのコピー各1部。
・推薦研究業績一覧に記載した報文等のうち代表的なもの(3報以内)の別刷各11部(コピーでも可。返却いたしません)。いずれも当該研究に直接関係のあるものに限る。ただし総説を含めても良い。
・受領通知返信用封筒(宛名明記、80円切手貼付)。
(5) 創薬科学賞
・本会所定の推薦書、推薦理由書(4,000字以内)および推薦研究業績一覧各1部とそれらのコピー各1部。
・推薦研究業績一覧に記載した国内・海外の関連報文・特許(公開または告知されたもの)のうち主なるものの別刷各12部、および他に同種の開発研究がある場合はその報文・特許の別刷各12部(いずれもコピー可。これらを12部のセット組みにして下さい。提出資料は返却いたしません)。
・受領通知返信用封筒(宛名明記、80円切手貼付)。
(6) 教育賞
・本会所定の推薦書および推薦理由書各1部とそれらのコピー各1部。
・受領通知返信用封筒(宛名明記、80円切手貼付)。
推薦書等の書式
各賞よりダウンロードしてください。
推薦書等の提出先
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-15  公益社団法人日本薬学会 学術課 学術事業担当
Tel03-3406-3324  E-mail:gakuji@pharm.or.jp

TOPへ戻る




(1) 薬学会賞 *平成7年度より「学術賞」の名称を変更
 現在まで5年以上継続して本会会員(平成20年度以前より会員であること)で、薬学の基礎および応用に関し、本会を代表するに足る研究業績をあげ、世界の学術進歩に著しく貢献した研究者。既に他の賞を受賞していても授賞対象とするが、学術貢献賞、学術振興賞、奨励賞の受賞者でその授賞対象の主要部分が同一の場合は授賞対象としない。
審査希望部門(必ず希望する1部門をご指定下さい。)
 第1部門 化学系薬学
 第2部門 物理系薬学
 第3部門 生物系薬学
 第4部門 医療系薬学
授賞件数 4件以内
候補者紹介および候補研究の説明
応募総数に対する部門別応募件数の比例配分に従い選考される8件以内の候補研究に対し、推薦者もしくは主たる共同研究者(本会会員に限る)による説明の聴取を平成24年11月8日(木)に行う。
推薦書はこちらから 推薦書 PDF 推薦書 Word

TOPへ戻る

(2) 学術貢献賞〔部門賞〕
 現在まで5年以上継続して本会会員(平成20年度以前より会員であること)で、薬学の基礎および応用に関し、各専門部門で優れた研究業績をあげ、薬学の発展に顕著な貢献をなした研究者。学術振興賞、奨励賞の受賞者で、その授賞対象の主要部分が同一の場合は授賞対象としない。
審査希望部門(必ず希望する1部門をご指定下さい。)
第1A部門  有機化学
第1B部門 生薬・天然物化学、医薬品化学
第2部門 分析化学、物理化学、アイソトープ・放射線科学
第3部門 生物化学、微生物科学
第4A部門 薬剤学・製剤学、医療薬学
第4B部門 衛生化学、薬理学
授賞件数 6件以内(1件/1部門)
候補者紹介および候補研究の説明
各部門2件以内の候補研究に対し、原則として候補者本人による説明の聴取を平成24年11月7日(水)に行う。
推薦書はこちらから 推薦書 PDF 推薦書 Word

TOPへ戻る

(3) 学術振興賞〔部門賞〕
 受賞年度の4月1日に満50歳未満(昭和38年4月2日以降に生まれた人)で、現在まで5年以上継続して本会会員(平成20年度以前より会員であること)で、薬学の基礎および応用に関し、各専門分野で優れた研究業績をあげ、その振興に寄与し、世界的にも注目される発展性のある研究者。奨励賞の受賞者でその授賞対象の主要部分が同一の場合は授賞対象としない。
審査希望部門(必ず希望する1部門をご指定下さい。)
第1A部門 有機化学
第1B部門  生薬・天然物化学、医薬品化学
第2部門 分析化学、物理化学、アイソトープ・放射線科学
第3部門 生物化学、微生物科学
第4A部門 薬剤学・製剤学、医療薬学
第4B部門 衛生化学、薬理学
授賞件数 6件以内(1件/1部門)
候補者紹介および候補研究の説明
各部門2件以内の候補研究に対し、原則として候補者本人による説明の聴取を平成24年11月8日(木)に行う。
推薦書はこちらから 推薦書 PDF 推薦書 Word

TOPへ戻る

(4) 奨励賞 *平成15年度より「満40歳未満」の年齢資格を変更
 受賞年度の4月1日に満38歳未満(昭和50年4月2日以降に生まれた人)で、現在まで3年以上継続して本会会員(平成22年度以前より会員であること)で、薬学の基礎および応用に関し、独創的な研究業績をあげつつあり、薬学の将来を担うことが期待される研究者。
審査希望部門(必ず希望する1部門をご指定下さい。)
 第1部門 化学系薬学
 第2部門 物理系薬学
 第3部門 生物系薬学
 第4部門 医療系薬学
授賞件数 8件以内
候補者紹介および候補研究の説明
応募総数に対する部門別応募件数の比例配分に従い選考される16件以内の候補研究に対し、原則として候補者本人による説明の聴取を平成24年11月7日(水)に行う。
推薦書はこちらから 推薦書 PDF 推薦書 Word

TOPへ戻る

(5) 創薬科学賞 *平成13年度より技術賞から名称を変更
 本会会員に限らず(ただし代表研究者は本会会員であることが必要です)、医薬品の創製およびそれに関連した薬学の応用技術の開発に関して、医療に貢献する優れた研究業績をあげた者。同一研究業績につき、5名を超えない範囲において連名で受賞することができる。
授賞件数 2件以内
候補者紹介および候補研究の説明
原則として候補代表研究者本人を含め3名以内による説明の聴取を平成24年10月24日(水)に行う。
評価の対象
・ 研究に関しては研究テーマまたは研究対象の独創性
・ 製品に関しては作用機作(新規性の度合)、有効性、有用性(安全性、医療現場における利便性、海外開発・販売の状況等)。
・ その他医療および技術における革新性等。
推薦書はこちらから 推薦書 PDF 推薦書 Word

TOPへ戻る

(6) 教育賞
 現在まで5年以上継続して本会会員(平成20年度以前より会員であること)で、以下の領域で、薬学教育に多大に貢献し、その進歩発展に特に功績のあった者。
(1) 学部・大学院における薬学教育
(2) 生涯教育
(3) 国際交流
(4) 普及啓発(著書、講演、学際交流等)
(5) 薬学教育全般
授賞件数 2件以内
候補者の紹介
推薦者もしくは推薦者の指名する者(本会会員に限る)による紹介を平成24年10月23日(火)に聴取する。
推薦書はこちらから 推薦書 PDF 推薦書 Word

TOPへ戻る

(7)  功労賞 *推薦者は本会理事に限る
現在まで5年以上継続して本会会員で、本会の運営あるいは薬学の発展に特に顕著な功績のあった者。
授賞件数 1件以内

TOPへ戻る



公益社団法人日本薬学会 (The Pharmaceutical Society of Japan)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-12-15 お問合せ・ご意見はこちらをクリック

-->