社団法人日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan 日本語 English
サイト内検索 byGoogle
高校生の方へ 一般の方へ 研究者向け サイトマップ
ホーム >> 医薬便利帳 >> お薬一口メモ >> 喘息のくすりのはなし
おくすり一口メモ



老人性乾皮症のくすりのはなし
老人性乾皮症とは?
 加齢に伴い皮膚の水分が減少し、乾燥してかさついた状態が老人性乾皮症です。特に空気の乾燥する秋から冬にかけて現われ、自覚症状としては痒みを伴うことが特徴です。

乾皮症はなぜ起きる?
皮膚の水分は皮脂、細胞間脂質(セラミドなど)、尿素などの天然保湿因子で保たれていますが(右図)、加齢により保湿能力が低下してきます。
さらに、暖房などによる湿度の低下やお風呂での洗いすぎなどが加わると皮膚の乾燥が一層ひどくなります。

症状は?
腰まわりや太もも、すねによくみられます。痒みがあり、カサカサして粉を吹いたような状態になります。掻くとますます痒みがまして、掻き壊すと炎症性の湿疹(乾燥性湿疹や貨幣状湿疹)に進行します。

日常生活での注意
皮膚を乾燥から守るためには、洗いすぎなどで皮脂を取りすぎないことや住まいの湿度を適度に保つこと、また入浴後には保湿薬を使ってスキンケアをすることなどが大切です。具体的には次のことに気をつけましょう。

  (1) 入浴時の石鹸の使い過ぎやゴシゴシ洗いを避ける
(2) 過剰な暖房を避け、加湿器などを利用し適度な加湿を図る
(3) 肌着は木綿が最適です
全ての病気について言えることですが、信頼のできる医師の診察を受け、養生、治療をしていくことが大切です。
○皮膚の水分保持の目的で使われる薬
  外用薬 皮脂を補う目的
白色ワセリン軟膏
べたつき感はあるが、刺激性は少なく、皮脂のように被膜を作って水分の蒸散を防ぎます。
  角質層の水分保持の目的
尿素軟膏
尿素は水分保持作用と角質の溶解作用を併せもち、角質層水分量が増加します。
ヘパリノイド製剤
高い水分保持作用と血行促進作用を併せ持ちます。
〇炎症性の湿疹に進行した場合に使われる薬
  外用薬
副腎皮質ステロイド外用剤
炎症を抑える作用が強く、炎症が鎮まるまで短期間だけ使われます。
  内服薬 痒みが強い場合や痒くて眠れない場合などに内服薬が使われます。
抗ヒスタミン剤
痒みをやわらげます。眠気の副作用があるため、痒くて眠れない場合に使われる ことがあります。
抗アレルギー剤
抗ヒスタミン剤に比べてやや眠気が少なく、痒みをやわらげたり、予防する効果 があります。
  これらの飲み薬は服用方法を守り、痒みにまかせて掻かないことも大切です。
監修−斎藤 忠徳 イラスト−木所 友紀子 平成12年11月11日


トピックス
お知らせ
日本薬学会について
会員のページ
インターネット掲示板
学術誌・会誌・出版物
薬学研究と研究者
医薬便利帳
学会カレンダー
市民講座・生涯教育
薬学用語解説
今月の薬草
6年制薬学教育
リンク集

社団法人日本薬学会 (The Pharmaceutical Society of Japan)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-12-15 お問合せ・ご意見はこちらをクリック