公益社団法人日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan 日本語 English
サイト内検索 byGoogle

ホーム >> 学術誌・会誌・出版物・小冊子 >> 出版物
出版物

薬学会では下記の出版物を編集・出版しております。

1 衛生試験法・注解 2015
2 必携・衛生試験法
3 環境・健康科学辞典
4 薬毒物試験法と注解2017
知っておきたい薬物治療
6 知っておきたい臨床検査値
7 知っておきたい一般用医薬品−第2版
8 知っておきたい有機反応100
9 薬学生・薬剤師のための知っておきたい生薬100−含漢方処方−第2版
10 薬学生・薬剤師のための知っておきたい病気100−第2版
11 健康とくすりシリーズ
12 スタンダード薬学シリーズ
13 スタンダード薬学シリーズU

学術誌
YAKUGAKU ZASSHI
Chemical and Pharmaceutical Bulletin
Biological and Pharmaceutical Bulletin

会誌
ファルマシア
TOPへ戻る

衛生試験法・注解 2015
  日本薬学会 環境・衛生部会の衛生試験法委員会で作成する健康や環境に関する測定法、試験法等を収載し、5年毎に時代に対応した内容に改訂・更新しています。
  本書は、衛生関係の研究所、行政機関などで座右の書として活用されているほか、薬科大学、薬学部の図書館に置かれ、衛生実習での参考書として用いられています。 また、注解には、試験項目の社会的、学問的背景や基礎知識、測定原理等が詳しく解説されているので、辞典としての実用性もあります。
  2015年版では、国民の健康や生活に関わる最新の試験法を収載することに加えて、利用者の利便性を高める工夫が随所に取り込まれています。 引用箇所にページ数を付したこと、一部インターネット上で情報の提供を行うようにしたこと、各専門試験法に関連する基準値等を巻末に一括掲載いたしました。

B5判・1,300頁 定価 本体35,000円+税 問合先:金原出版株式会社

TOPへ戻る


2  必携・衛生試験法 第2版
  本書は、薬学教育モデルコアカリキュラムの中で衛生試験法に関する項目を中心に、スリム化と内容の充実化を基本方針に大幅な改定を行いました。
実験操作方法にフローチャートを追加して、実験しやすくするとともに、操作方法の解説を充実しました。巻頭に実験器具等のカラー写真や、実験廃液の処理方法、巻末には最新の薬剤師国家試験で出題された衛生試験法関連問題を掲載しました。 環境衛生および衛生試験法を学ぶことができる実践書です。


B5判・280頁 定価 本体4,000円+税 問合先:金原出版株式会社

TOPへ戻る

3 環境・健康科学辞典
本書は、健康と環境に関する用語を総合的にまとめた小項目辞典です。
約5,000項目を収載し、薬学・医学・生化学・環境科学などの様々な分野の境界を越えた用語を網羅し、信頼できる科学的な情報を学術的にまとめた待望の辞典です。 健康に影響を及ぼす化学物質、食品、環境に関わる知見、それらが引き起す疾病に関する事項をわかりやすくまとめました。


A5判・816頁  定価 本体25,000円+税 問合先:丸善出版株式会社

TOPへ戻る

4 薬毒物試験法と注解2017
薬毒物試験に関わる機関で必携の準公定書です。新たな薬毒物の出現、分析技術の発展をふまえ10年ぶりに増補改訂いたしました。
・薬毒物の分析、毒性および対処法を収載した「薬毒物試験法と注解2006」を全面改訂。
・各関連機関の必携書,薬学系大学生・大学院生の参考書としても有用。
・危険ドラッグをはじめ,麻薬,覚せい剤,向精神薬,農薬などの新規薬物を大幅に追加。
・選択的・高感度な分析技術の進歩をふまえた新規試験法によるスペクトルデータを拡充。
・身近にある薬物による中毒や異物混入事案にも章を増やして対応。

 
B5判・480頁 定価 本体9,800円+税
問合先:東京化学同人株式会社★会員特典あり★

TOPへ戻る

5 知っておきたい薬物治療
  処方監査、服薬指導などの薬剤師業務、および適正な薬物治療を推進するために最低限必要な薬物治療の知識をまとめたハンドブックです。
各病気ごとに分類、病態、診断/治療/医薬品の選択/使用上の注意/モニタリング/服薬説明/文献を記載。
循環器疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、肝臓・胆嚢・膵臓疾患、腎・尿路疾患、血液疾患、脳・神経疾患、精神疾患、感覚器疾患、内分泌・代謝性疾患など62章で説明。



B6判・440頁  定価 本体 2,800円+税
問合先:東京化学同人株式会社★会員特典あり★

TOPへ戻る

6 知っておきたい臨床検査値
  “薬学教育モデル・コアカリキュラム”および“実務実習モデル・コアカリキュラム”の理念に沿って薬剤師教育に必要な隠床検査について解説しています。
各臨床検査について、基準値/測定値の定義/高値になるとき/測定法・原理などを記載。実務実習期間中、常に携行でき役立つハンドブックです。 卒業後の臨床業務にも活用できます。



B6判・264頁 定価 本体 2,600円+税
問合先:東京化学同人株式会社★会員特典あり★

TOPへ戻る
 

7 知っておきたい一般用医薬品−第2版
 薬学生・薬剤師および登録販売者を主な対象に、これだけは知っておきたいと思われる一般用医薬品についての知識を薬効群別に分類し解説しました。
 開発の意図と効能/含まれるおもな成分と薬効/効能・効果/用法・用量/剤形の特徴からみた製剤の使い分け/禁忌/慎重投与/副作用/相互作用/高齢者、妊産婦・授乳婦、小児への投与/その他の注意/市販されている剤形とおもな製品/販売時の対応のフローチャートと受診を勧める目安、などの情報を収載。
 さらに、重大な副作用の一覧と対処方法についても表示。改正薬事法の新販売制度に対応し、改訂。


B6判・280頁 定価 本体 2,800円+税
問合先:東京化学同人株式会社★会員特典あり★

TOPへ戻る


8 知っておきたい有機反応100
  理・工・薬・農系学部学生が有機化学を学ぶのに必要な基本の有機反応をすべて載せるとともに、最先端の反応にもふれた便利なハンドブックです。
 有機化学は楽しい科目です。有機化学の中心は反応です。反応は電子の動きです。電子の動きを理解することが有機化学の理解につながります。(望月正隆編集委員長、本誌まえがきより引用)」


   
B6判・272頁 定価 本体2600円+税
問合先:東京化学同人株式会社★会員特典あり★

TOPへ戻る

9 薬学生・薬剤師のための知っておきたい生薬100−含漢方処方−第2版
  一般漢方210処方および医療用漢方147処方に汎用されているもの、過去十数年の薬剤師国家試験に出題されたもの、日常よく使用されているもの、 漢方処方における構成要素ではないが天然物起源の医薬品として重要なもの、を基準として約100種の生薬を精選し、必要項目についてわかりやすく解説しています。 学部学生用教科書としてはもちろんのこと、薬剤師の実務のハンドブックとしても役立つ内容を備えています。


B6判・208頁 定価 本体 2,600円+税
問合先:東京化学同人株式会社★会員特典あり★