大村智先生 : トピックス - 日本薬学会

日本薬学会名誉会員の大村 智先生(北里大特別栄誉教授)がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

 大村 智先生の日本薬学会での活動に関しまして、ご覧いただける記事は次の通りです。

◆日本薬学会 名誉会員・有功会員一覧

 →こちらから

◆学会賞歴代受賞者(昭和61年度受賞)

 →こちらから

◆上原賞歴代受賞者(昭和63年度受賞)

 →こちらから

◆学術誌

【Chemical and Pharmaceutical Bulletin】
Stereoselective Total Synthesis of Atpenins A4 and B, Harzianopyridone, and NBRI23477 B(Vol.60 (2012) No.7)
Fungal Citridone D Having a Novel Phenylfuropyridine Skeleton(Vol.54 (2006) No.12)
Three-Dimensional Structure-Activity Relationship Analysis between Motilin and Motilide Using Conformational Analysis and a Novel Molecular Superposing Method(Vol.48 (2000) No.11)
Argadin, a New Chitinase Inhibitor, Produced by Clonostachys sp.FO-7314(Vol.48 (2000) No.10)
Synthesis and Biological Activity of New 3-Hydroxy-3-methylglutaryl-CoA Synthase Inhibitors : 2-Oxetanones with a meta-Substituent on the Benzene Ring in the Side Chain(Vol.42 (1994) No.6)
A Novel Testosterone 5α-Reductase Inhibitor, 8', 9'-Dehydroascochlorin Produced by Verticillium sp.FO-2787(Vol.42 (1994) No.4)
Synthesis and Biological Activity of New 3-Hydroxy-3-methylglutaryl Coenzyme A (HMG-CoA) Synthase Inhibitors : 2-Oxetanones with a Side Chain Mimicking the Folded Structure of 1233A(Vol.42 (1994) No.3)
Synthesis and Biological Activity of New 3-Hydroxy-3-methylglutaryl-CoA Synthase Inhibitors : 2-Oxetanones with a Side Chain Mimicking the Extended Structure of 1233A(Vol.42 (1994) No.10)
Motilides, Macrolides with Gastrointestinal Motor Stimulating Activity.: II.Quaternary N-Substituted Derivatives of 8, 9-Anhydroerythromycin A 6, 9-Hemiacetal and 9, 9-Dihydroerythromycin A 6, 9-Epoxide(Vol.37 (1989) No.10)
Motilides, Macrolides with Gastrointestinal Motor Stimulating Activity.: I.O-Substituted and Tertiary N-Substituted Derivatives of 8, 9-Anhydroerythromycin A 6, 9-Hemiacetal(Vol.37 (1989) No.10)
Effects of Phytosterols on Anti-complementary Activity(Vol.35 (1987) No.12)
Synthesis of a New Amino Acid-Antibiotic, Oxetin and Its Three Stereoisomers(Vol.34 (1986) No.8)
Quantitative Structure-Activity Relationships of O-Acyl Derivatives of Leucomycin for Antimicrobial and Ribosome-Binding Activities(Vol.33 (1985) No.7)
Structure of Carzinophilin.IV.Structure Elucidation by Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy.(2)(Vol.32 (1984) No.8)
The Alkaloid AM-6201 from Streptomyces xanthochromogenus(Vol.30 (1982) No.4)
Bioconversion and Biosynthesis of 16-Membered Macrolide Antibiotics.XXII.Biosynthesis of Tylosin after Protylonolide Formation(Vol.30 (1982) No.1)
Chemical Transformation of Tylosin, a 16-Membered Macrolide, and Its Structure-Activity Relationship(Vol.30 (1982) No.1)
Identification of the Aglycon Part of Vineomycin A1 with Aquayamycin(Vol.29 (1981) No.6)
Isolation and Characterization of a New 16-Membered Lactone, Protylonolide, from a Mutant of Tylosin-Producing Strain, Streptomyces fradiae KA-427(Vol.28 (1980) No.6)
Oxaline and Neoxaline(Vol.28 (1980) No.10)
Bioconversion and Biosynthesis of 16-Membered Macrolide Antibiotics.X.Final Steps in the Biosynthesis of Spiramycin, using Enzyme Inhibitor : Cerulenin(Vol.27 (1979) No.1)
Biosynthetic Studies of Microbial Alkaloid Pyrindicin using C-13 Labelled Precursors(Vol.26 (1978) No.3)
Chemistry of Leucomycins.XII.Application of the Modified Polonovski Reaction to Leucomycin-A3 N-Oxide(Vol.24 (1976) No.8)
Structure of a New Antimicrobial Unsaturated Fatty Acid from Sm.kitasatoensis NU-23-1(Vol.24 (1976) No.12)
Alkaloid from Thermoactinomyces Species(Vol.24 (1976) No.1)
Revised Structure for an Alkaloid from Streptomyces sp.NA-337(Vol.23 (1975) No.10)
Chemistry of Leucomycins.XI.Chemical Transformation of a Basic Macrolide to a Neutral Macrolide(Vol.22 (1974) No.6)
Alkaloids from Streptomyces sp.NA-337(Vol.22 (1974) No.12)
Structure of Pyrindicin(Vol.21 (1973) No.9)
Structures and Biological Properties of Kinamycin A, B, C, and D(Vol.21 (1973) No.5)
Structure of Kinamycin C, and the Structural Relationship among Kinamycin A, B, C, and D(Vol.19 (1971) No.11)
Structure of Carzinophilin.II.A New Amino Acid and Its Derivative from Carzinophilin(Vol.19 (1971) No.10)
Chemistry of Leucomycins.VIII.Absolute Configuration of Leucomycin and Isoleucomycin(Vol.18 (1970) No.8)
Nuclear Magnetic Resonance of Semicarbazones and Thiosemicarbazones of an Aliphatic Aldehyde(Vol.17 (1969) No.4)
Studies on Cerulenin.VI.Some Spectroscopic Features of Cerulenin(Vol.17 (1969) No.11)
The Chemistry of Leucomycins.III.Structure and Stereochemistry of Leucomycin A3(Vol.16 (1968) No.7)
The Chemistry of Leucomycins.II.Glycosidic Linkages of Mycaminose and Mycarose on Leucomycin A3(Vol.16 (1968) No.7)
The Allylic Rearrangement of the Hydroxyl Group from C-9 to C-13 and the Absolute Configuration at C-9 of Leucomycin A3(Vol.16 (1968) No.7)
Structure of Leucomycin A1(Vol.15 (1967) No.3)
The Chemistry of Leucomycins.I.Partial Structure of Leucomycin A3.(Vol.15 (1967) No.10)

【Biological and Pharmaceutical Bulletin】
Role of Dexamethasone and Oncostatin M on the Formation of Vacuoles in Human Fetal Liver Cells(Vol.32 (2009) No.2)
POSSIBLE FUNCTIONAL GROUPS RESPONSIBLE FOR INHIBITION OF IN VIVO ANGIOGENESIS BY HERBIMYCIN A(Vol.17 (1994) No.10)

【YAKUGAKU ZASSHI】
Lactacystin, a Proteasome Inhibitor : Discovery and its Application in Cell Biology(Vol.120 (2000) No.10)
Studies on Macrolides and New Antibiotics(Vol.106 (1986) No.9)

◆年会

【第135年会】
冬虫夏草 Ophiocordyceps heteropoda より得られた抗原虫活性を示す新規環状ペプチドの構造
有機分子触媒を用いたイソシアニドとアルデヒドの α-付加反応
インドリンスピロアミナール骨格を有する Neoxaline 類の効率的な全合成
抗トリパノソーマ活性を有する新規天然物 Actinoallolide A の全合成研究
寄生虫選択性向上を指向した 2’-置換 atpenin A5 誘導体の合成及び活性評価
寄生虫選択性を指向した atpenin A5 誘導体の設計、合成及び活性評価
抗嫌気性菌活性を有する Luminamicin の合成研究
キナーゼ阻害薬の抗マラリア原虫活性
創薬展開を志向した Bottromycin A2 の構造活性相関研究

【第134年会】
抗マラリア活性を有する Puberulic acid 類の多様性指向型合成
殺線虫活性を有するJietacin類の培養、単離、全合成
Atpenin A5 の構造活性相関研究
Nafuredinγ-の構造活性相関研究

【第133年会】
ヒト酸性キチナーゼ阻害剤のin silico drug design研究
抗MRSA、VRE活性を有するBottromycin類の効率的全合成研究
1-OH糖を使用した脱水的グリコシル化による三糖合成
Luminamicinの全合成研究(2);11-oxatricyclo[5.3.1.1,703,8]undecane骨格の構築
インドリンスピロアミナール骨格を有するent-Neoxalineの全合成
クリックケミストリーを用いたタイロシンC-9オキシム誘導体の合成と抗マラリア活性評価
ビニルアゾキシ基を有する殺線虫活性物質Jietacin Aの全合成
マクロライド骨格をテンプレートとした新規キチナーゼ阻害剤の創製
In situ click chemistry誘導型キチナーゼ阻害剤をリードとする高活性誘導体の創製
標的酵素キチナーゼ依存トリアゾール形成抑制効果を指標とした高活性阻害剤の創製研究
フタロシン経路阻害剤Aseanostatin P5 の全合成と構造活性相関研究
Luminamicinの全合成研究 (1);共役無水マレイン酸含有14員環マクロライドの合成法の確立
抗マラリア薬創製を指向したPuberulic acid類の全合成研究
マクロライド骨格を基盤とした創薬リード探索用ライブラリーの開発研究
ACAT2選択的阻害剤pyripyropene A構造簡略型誘導体の合成研究
微生物代謝産物由来の抗トリパノソーマ原虫活性物質の探索研究 (4)

【第132年会】
Luminamicin の全合成研究:11-oxatricyclo[5.3.1.1,703,8] undecane 骨格の新規構築法の確立
インドリンスピロアミナール骨格を有する Neoxaline 類の全合成研究

【第131年会】
抗 MRSA 活性を有する Naphthacemycin 類の全合成研究
カイコ感染評価系で抗真菌活性を示すトリコテセン類に関する研究
抗炎症作用に特化した新規 12 員環マクロライドの創製と構造活性相関研究
アルベカシン耐性 MRSA の耐性克服物質の探索
抗嫌気性菌活性を有する Luminamicin の合成研究
疎水性タグを用いたキチナーゼ阻害剤 Argifin の液相全合成
真菌 FKI-5513 株が生産する新規骨分化阻害物質に関する研究

【第130年会】
抗 MRSA 活性を有する Naphthacemycin 類の全合成研究
抗嫌気性菌活性を有する Luminamicin の northern part の合成研究
抗嫌気性菌活性を有する Luminamicin の southern part の合成研究
糸状菌 FKI-3573 株の生産する抗トリパノソーマ原虫活性物質に関する研究
放線菌 K05-0178 株の生産する抗トリパノソーマ原虫活性物質に関する研究
Trichoderma atroviride の生産する抗インフルエンザウイルス物質の構造および活性
抗マラリア活性を有するボロマイシン誘導体の合成と活性評価
ACAT2 選択的阻害剤 pyripyropeneA の誘導体合成と構造活性相関
微生物代謝産物由来の抗トリパノソーマ原虫活性物質の探索研究 (2)
真菌由来 isochaetochromin 類によるトリアシルグリセロール (TG) 生成阻害活性
真菌 Mortierella alpina FKI-4905 株が生産する抗結核活性物質
Nafuredin-γ の構造活性相関研究
酵素共存銅触媒トリアゾール形成を指標とした高活性キチナーゼ阻害剤の探索
抗 MRSA・抗 VRE 活性を有する Bottromycin A2 誘導体の合成研究
抗線虫活性を有する Jietacin A の全合成および誘導体合成研究
NFRD 阻害剤 atpenin 類の全合成ならびに構造活性相関研究
グリコシルカルバメートとカルバモチオエートを用いた簡便な糖鎖連結の方法論の開発
真菌 Cylindrocarpon sp. FKA-58 株の代謝産物の解析
投げ縄構造を有する抗結核ペプチド lariatin の構造活性相関に関する研究
海水含有培地による新規 dinapinone 単量体の生産
β- ラクタム薬の抗 MRSA 活性増強剤 cyslabdan の標的タンパク質の解析

【第129年会】
抗マラリア活性を有する 16- ヒドロキシ -16, 22- ジヒドロアパリシンの合成研究
真菌 Stephanonectria sp. FKI-2703 株が生産する抗結核活性物質
カイコを宿主とする簡易 in vivo 評価系を用いた微生物由来抗感染症薬の探索
天然由来 DGAT 阻害剤のアイソザイム選択性に関する研究
Streptomyces avermitilis の生産する zizaene 類の生合成解析
DNA 傷害性シグナル伝達を阻害する pycnidione の作用機構に関する研究
真菌由来 beaveriolide III の ACAT1 選択的阻害活性に関する研究
アフリカトリパノソーマ症治療薬の探索
NMR 測定と高温分子動力学計算を組み合わせた抗生物質 Bottromycin A2 の絶対構造決定
微生物代謝産物由来の抗トリパノソーマ原虫活性物質の探索研究
ACAT2 選択的阻害剤 pyripyropene A の誘導体合成と構造活性相関
糸状菌の生産する新規抗インフルエンザウイルス物質 wickerol 類の単離、構造、および活性
Malformin C の類縁体合成と構造活性相関の解明
真菌 FKI-3765-2 株が生産するイミペネム活性増強物質の研究
真菌 FKI-3765-2 株が生産する抗 MRSA 活性物質 rugulosin 類に関する研究
真菌 FKI-3765-1 株が生産する新規マクロファージ内脂肪滴蓄積阻害物質の研究
ACAT2 選択的阻害剤ピリピロペン A の抗動脈硬化作用
投げ縄構造を有する抗結核ペプチド lariatin A の標的分子の同定
投げ縄構造を有する抗結核ペプチド lariatin の生合成メカニズムに関する研究
微生物由来線虫 Caenorhabditis elegans 作用物質の探索
二核(亜鉛 - 大環状ポリアミン)錯体の設計、合成と抗トリパノソーマ活性
salinosporamide A の全合成
Click chemistry を用いたキチナーゼ阻害剤の合成研究
MRSA に対する arbekacin 耐性克服物質の探索

【第128年会】
キチナーゼ阻害剤アージフィン及びアーガジンの固相全合成と合理的分子設計を駆使した高活性化合物の創製

【第127年会】
天然物由来の抗マラリア剤の探索研究(1)
酵素的非対称化反応を用いた(−)-mycestericinEの合成研究
PhenochalasinAのマクロファージ泡沫化阻害機構に関する研究
微生物由来の細胞周期阻害剤の探索
MRSAに対するイミペネム活性増強作用を有するcyslabdanの合成研究

【第125年会】
単球からマクロファージへの分化誘導作用を有する EM703 の創製
真菌の生産する MRSA に対する新規イミペネム増強活性物質
真菌が生産する新規殺虫活性物質に関する研究
真菌が生産する新規マクロファージ脂肪滴蓄積阻害物質の研究
新規抗結核抗生物質 lariatin A の溶液構造
Miconazole 抗真菌活性を増強する新規 citridone 類の研究
抗嫌気性菌活性を有するルミナミシンの全合成研究

【第124年会】
マクロファージ泡沫化阻害活性を有するボーベリオライド類のライブラリー化
Miconazole 抗真菌活性を増強する新規 beauvericin 類の研究
新規インドールセスキテルペン骨格を有する sespendole の生合成経路の解析 ・糸状菌 Albophoma sp. が生産する新規殺虫活性物質 sesquicillin関連化合物群の単離、構造決定および生物活性
Decursin 類のマクロファージ脂肪滴蓄積阻害作用
新規抗結核物質 K01-B0171 B 及び C の単離・構造・活性
JPMW projectでの微生物由来の抗マラリア剤の探索研究(2)
放線菌由来抗HIV蛋白質actinohivinの構造活性相関
NMR解析と分子動力学計算による配座解析を組み合わせた抗生物質Luminamicinの絶対構造決定
Streptomyces sp. K01-0031の生産する新規 antimycin A9とその生物活性
新規合成リポデプシペプチドのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対するイミペネム増強活性
糸状菌の生産する HIV-1 インテグラーゼ阻害物質の単離と生物活性
マクロファージ脂肪滴蓄積阻害剤ボーベリオライド III のヒドロキシ酸部分の立体の重要性
ボーベリオライド合成誘導体のマクロファージ内脂肪滴蓄積阻害作用
抗HIVタンパク質アクチノヒビンと糖鎖の相互作用解析
真菌の低酸素培養による物質生産への応用

【年会講演ハイライト】
細菌との飽くなき戦い 〜薬剤耐性菌に有効な抗感染症薬を創る〜(第130年会)
新しい動脈硬化予防治療薬が・・・キターーーー!?(第129年会)
タミフルだけがインフルエンザの薬じゃない?!(第128年会)
菌を殺さずに感染症を治す薬を目指して!(第127年会)
人に優しい夢の殺虫剤を求めて(第127年会)
国際的な緊急課題:薬剤耐性マラリア原虫に有効な新しい抗マラリア剤の開発(第126年会)
HIV 感染予防薬の候補アクチノヒビンの改良(第125年会)

◆ファルマシア

・大村智 北里大学特別栄誉教授がガードナー国際保健賞を授賞(Vol.50(7))
マクロライドに魅せられて40年(挑戦者からのメッセージ)(Vol.42(10))
大村智先生熱帯病現地視察の随行記(話題)(Vol.41(6))
大村智先生の米国化学会2005 Ernest Guenther Award受賞をお祝いする(Congratulations)(Vol.41(3))
ポストゲノム時代を迎えての放線菌代謝産物研究 : 2次代謝産物生合成遺伝子の多様性(Vol.38(9))
大村智先生 日本学士院会員とフランス学士院会員の就任をお祝いして(紹介)(Vol.38(8))
大村智先生ナカニシプライズ受賞(Vol.36(6))
日本からの新規抗マラリア剤の開発をめざして : JPMWプロジェクト成立の経緯, 現状, 将来(Vol.36(12))
大村 智先生 米国国立科学アカデミー会員に選出 (Vol.35(9))
新たな対応を迫られる感染症対策(Vol.34(7))
ローベルト・コッホ金牌並びにプリンスマヒドール賞を受賞された大村智博士の業績(Vol.34(2))
各種レセプターに作用する微生物由来の非ペプチド物質(21世紀の創薬資源)(Vol.29(6))
紫綬褒章受章大村智博士(Vol.28(11))
薬学での大学院改革の考え方(Vol.27(8))
医薬化学部会に期待する(Vol.27(5))
秦藤樹博士・大村智博士 日本学士院賞受賞(Vol.26(8))
薬学と微生物利用(Vol.24(2))
研究と研究室の運営を振り返って(私はあの時、こう閃いた!-研究の壁を突破し、大きく飛躍するため-)(Vol.23(3))
日本薬学会学術賞紹介 大村智氏の業績(Vol.22(5))
新しい生理活性を有するマクロライド抗生物質(Vol.20(12))
新しい抗生物質を求めて(Vol.16(5))
くすりにならなかった抗生物質 : セルレニン(Vol.13(2))






 トピックスへ戻る

 日本薬学会トップページへ戻る

Copyright© The Pharmaceutical Society of Japan
バックナンバー
トピックスの記事をジャンル別に読むことができます。
記事のジャンル
病気・生活習慣病・健康
食品
環境
社会薬学
薬学・薬剤師
科学の進歩
薬学会全般