日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

pyridine

 

ピリジン

ベンゼンの炭素1つを窒素に変えた芳香族複素環式化合物。沸点115℃の弱塩基性化合物で、特有のにおいがある。ピリジン自体のにおいは悪臭に分類されるが、コーヒーのにおい成分のひとつでもある。ピロールと異なり窒素原子の非共有電子対は芳香族性に関与しないため塩基性を示す。また、電子欠乏性の芳香環で求電子置換反応を受けにくい点もピロールと異なる。有機合成では反応溶媒や塩基としてよく用いられる。ピリジン環を有している化合物としては、たばこの成分であるニコチン、補酵素であるNAD(P)+、ビタミンB6などがある。また、還元されるとジヒドロピリジンとなる。

(2007.3.23 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan