日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

indole

 

インドール2,3-ベンゾピロール

ベンゼンピロールに縮合した芳香族複素環式化合物。融点52℃、沸点253℃の固体。ピロールと同様に塩基性を示さず、反応性も類似している。インドールを有するものとして生体構成成分であるアミノ酸のトリプトファン、神経伝達物質のセロトニン、さらに抗炎症剤のインドメタシン、抗高脂血漿薬のフルバスタチンなどがある。トリプトファンを出発物質とするインドールアルカロイドは天然物に多く存在し、その中には血管収縮作用を持つエルゴタミン、抗がん剤にも用いられるビンクリスチンなどがある。染料であるインジゴもこの骨格を有する。

(2007.3.23 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan