日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

hydrogen_bond

 

水素結合

N、O のような電気陰性度の高い原子に結合したH はδ+性を帯び、孤立電子対をもつ他のN、O、ハロゲンとの間で、O−H…O のようにHを介した結合を形成する。これを水素結合と言うが、4~29 kJ/mol(1~7 kcal/mol)程度の結合エネルギーをもち、分子間力としては強い。水素結合は,双極子−双極子相互作用の一種であるが,医薬品と受容体の相互作用できわめて重要であり、医薬品の効果と関連している。プロトンを与えるN−H, O−H などを水素結合のプロトン供与体,プロトンを受け取るN,O,ハロゲンをプロトン受容体として区別する.(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan