日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

glucose_transporter

 

GLUT糖輸送担体

glucose transporter(糖輸送担体)の略。GLUTグルコースブドウ糖)の促進拡散型輸送を行うトランスポーターである。輸送の際にエネルギーは消費しない。GLUTには、GLUT1~GLUT7の分子種が報告されている。

その中で例えば、GLUT1、GLUT4は細胞へのグルコース取り込みを仲介する。GLUT4は、主に骨格筋、心筋、脂肪細胞に発現し、いずれも細胞内小胞の膜上に保持されている。インスリンによる刺激が細胞内に伝達されると、小胞と細胞膜との間で膜融合が起こる。その結果、GLUT4は細胞膜上へと移動(トランスロケート)し、細胞外の糖の取り込みに寄与する。GLUT2は、小腸粘膜や膵臓B細胞の膜上に豊富に存在している。小腸や腎臓で、グルコース吸収・再吸収にかかわるNa/グルコース共輸送型トランスポーター(SGLT)とは異なった分子である。 (2008.5.14 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan