日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

SOAP

 

POS(Problem Oriented System)を実現するための記録方式

S: Subjective Data  主観的データ(患者の訴え)

O: Objective Data 客観的データ(観察結果)

A: Analysis/assessment 判断・評価・考察(どう思ったか)

P: Plan 方針・計画(どうするか・何をしたか)

(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan