日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

SAS

 

Sleep Apnea Syndrome

無呼吸(10秒以上の呼吸停止)が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある場合、睡眠時無呼吸症候群と診断される。有病率は人口の4%で、日本には200万人いると言われている。いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状がある。眠りが深い『ノンレム睡眠』の時間に「無呼吸」がよくおこり、睡眠状態は『レム睡眠』へと変わる。そのため「無呼吸」になる回数が多いと、深い眠りをとれず、日中に眠気(日中傾眠)を引き起こす。睡眠時無呼吸症候群の原因のほとんどは、上気道の閉塞によっておこる無呼吸・低呼吸状態であり、70~80%の患者が肥満である。睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病と密接に関連しており、高血圧狭心症心筋梗塞、 脳血管障害 のリスクが高まること、糖尿病高脂血症高尿酸血症 の合併も多いとされている。SAS特有の著しい日中傾眠は、交通事故・災害事故・社会生活や家族問題を引き起こす原因となる。治療法には、減量・禁酒・禁煙などの生活習慣の改善、経鼻的持続陽圧呼吸法、外科的手術などがある。「同義語=睡眠時無呼吸症候群」(2006.2.8 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan