日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ROC曲線

 

 ROCはReceiver Operating Characteristicの略語であり,受信者動作特性と和訳される.飛行機のレーダーに生じるノイズと敵機を示すシグナルの識別率を評価するために,戦時中に考案された.現在では医療における診断精度の指標としても一般化しており,受診者動作特性と記されることも多い.例えば,悪性腫瘍マーカーの評価の閾値を変化させると,それに応じて悪性腫瘍の罹患に対する陽性率(感度)および偽陽性率(1-特異度)が変化する.これらをプロットしたものがROC曲線であり,その曲線下面積が大きいほど良い識別マーカーであることを示す.理想的なマーカーのROC曲線下面積は100%となる.(2015.10.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan