日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

Pb

 

、lead

原子番号82、分子量207.19 の金属元素である。ウランやトリウムなどの放射性物質は、壊変現象により最終的にを生成する。208Pbは、最重安定同位体である。低融点で軟らかく加工しやすいこと、また精錬が容易であることから、古くから広く用いられてきた。蓄電池、ガラス、水道管、顔料、放射線の遮蔽材など、その用途は幅広い。

近年では、生物への蓄積性と生体影響の有害性から、の使用は避けられる傾向にある。無機では、急性中毒は起こりにくく、慢性中毒が起こりやすい。赤血球寿命の短縮やヘムの生合成阻害など、造血器障害がよくみられる。

有機は脂溶性が高いため中枢移行性が高く、四エチルなどによる有機中毒では、脳炎型症状を示す。体内に取り込まれたは、骨に沈着性を示す。(2008.12.8 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan