日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

PPI

 

proton pump inhibitor

 H+,K+-ATPアーゼ(プロトンポンプ)を阻害する抗消化性潰瘍薬。オメプラゾール、ランソプラゾール、ラベプラゾールがある。プロトンポンプは胃酸分泌機構の最終段階に位置しており、PPIは壁細胞からの酸分泌を強力に抑制する。ピロリ菌の除菌治療で、抗菌薬(アモキシシリン、クラリスロマイシン)との三者併用療法にも用いられる。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan