日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

OTC薬

 

over-the-counterdrug

カウンター越しの医薬品という意味で、一般用医薬品の事。一般の患者あるいはその家族らが医師の診断によらず、自覚症状に基づいて自らの判断で使用することを目的として供給される医薬品。OTC薬薬事法で1類、2類、3類に分かれており、第1類医薬品は薬剤師が販売する等それぞれ販売方法が定められているが平成26年の薬事法改正により全てがインターネット販売が可能となった。ただし医療用医薬品から一般用医薬品に転用されたばかりのいわゆるスイッチ直後品目と劇薬については引き続き薬剤師による対面販売が義務付けられている。スイッチ直後品目については原則3年でネット販売が可能になる。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan