日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

IgE

 

immunoglobulin E、免疫グロブリンEイムノグロブリンE

分子量は約190000。免疫グロブリンのクラスの一つでありIgMについで大きい。2本のH鎖と2本のL鎖より構成されている。1966年石坂公成博士により即時型アレルギー現象の原因物質として発見された。正常血中濃度は極めて低く1μg/ml以下であるが、アトピー性疾患や寄生虫感染などによって増加する。アレルゲンへの曝露により産生されたIgEは、マスト細胞や好塩基球などの表面に存在する高親和性のIgEレセプターに結合する。ここで再び侵入したアレルゲンがこのIgEに結合するとIgEが架橋されてレセプターが凝集し、細胞が活性化されて脱顆粒を起こす。その結果ヒスタミン、セロトニン、ロイコトリエンなどのメディエーターが放出される。また、同時に細胞膜のアラキドン酸カスケードも活性化され、ロイコトリエンやプロスタグランジン、トロンボキサンなどの脂質メディエーターやインターロイキンなどのサイトカインが産生分泌され、これらにより即時型アレルギーが引き起こされる。アレルギー性気管支喘息アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎、寄生虫感染症、全身性エリテマトーデス、慢性関節リウマチなどで高値を示す。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan