日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

HbA1c

 

 ヘモグロビンAのβ鎖のN末端にグルコースが結合したものをHbA1cと呼ぶ。血液中のグルコースは非酵素的にヘモグロビンと結合する。HbA1cは過去1~3ケ月の平均血糖値を反映する情報を提供する。正常範囲(基準範囲)は4.3%から5.8%(平均5%)とされている。糖尿病の診断には血糖インスリン、経口ブドウ糖負荷試験(Oral Glucose Tolerance Test:OGTT)などが行われている。HbA1cは、一時的な生理条件に左右されない。HbA1cは患者の重症度と正の相関があることから、現在では糖尿病の診断と治療のコントロール状態を把握する絶好のマーカーとなっている。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan