日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

FOLFOX

 

FOLFIRI

 FOLFOX(フォルフォックス)とは,フォリン酸(FOLinic acid)・フルオロウラシル(Fluorouracil)・オキサリプラチン(OXaliplatin)の3剤併用による化学療法を意味し,各薬剤の頭文字をとって命名されている.FOLFIRI(フォルフィリ)も同様に,前2剤にイリノテカン(IRInotecan)の3剤併用を意味する.FOLFOXは投与法に幾つかの亜種が存在し,普及しているのはFOLFOX4及びFOLFOX6(日本では承認の関係でmFOLFOX6)である.また,フォリン酸にはロイコボリン(LV)とレボホリナート(l-LV)の2種類がある.l-LVはLVの光学活性体(l体)で,日本では結腸・直腸がんに対して承認されているl-LVが用いられる.(2010.11.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan