日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

EPR効果

 

Enhanced permeation and retention effect

腫瘍組織では,正常組織に比べ血管透過性が著しく亢進しているため,高分子や微粒子が血管より流出しやすい.また,リンパ系が発達していないため,腫瘍組織に到達した物質は蓄積する.このような特性をEPR効果といい,がん細胞に対する受動的ターゲティングを行ううえで重要な因子となっている. (2007.11.12 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan